宮古島産アロエベラ生葉

アロエベラ

宮古島産アロエベラ生葉は、皮をむく手間はかかるけど、
その分、健康と美容に最も貢献してくれる商品です。

宮古島の大自然と島人が、厳しくもやさしさをこめて作り上げた逸品

灼熱の太陽が授けたたくましさ

宮古の空とアロエベラ

宮古の空とアロエベラの花

日本では、アロエベラを露地栽培できる数は奄美や沖縄諸島など年間温暖な地域に限られます。

その中で、宮古島は、1年の多くを占める半そでシャツで過ごせるほど暖かい、いや間違いなく暑い場所です。

高く澄み切った空のさらに高い場所から、その光と熱で照らすものすべての身を焦がすほどの大きな太陽。

そんな太陽の激しさ、やさしさを長い年月受け続けたアロエベラは、その身にそのいやおうのないエネルギーを蓄えることでしょう。

台風が鍛えた生への執着心

宮古島には、毎年数多くの強力な台風がやってきます。数年前には、最大の風速80メートルともいわれる台風にも襲われました。

それでも宮古のアロエベラは耐えました。人や木さえも飛ばされてしまうその激しい雨風にさらされながらも、細い根で地表にしがみつき、自らの重い身体を支えました。

その往生際が悪いとも思える生への執着心が、アロエベラの中には息づいています。

珊瑚礁の島、それゆえの特権

宮古の珊瑚

島全体が珊瑚礁の宮古島

あまり知られていないですが、宮古島は、長い時間をかけて、珊瑚礁が隆起した島なのです。

宮古の土を数メートルも掘ると、石灰岩(琉球石灰岩)層に当たります。

その珊瑚礁の上で栽培されるアロエベラには、豊富なミネラルが自然と備わります。

川のない島だからこそ得られる美しい水

宮古島には川がありません。

だから生活用水や土砂が海に流れないからこそ、宮古の海は東洋一と呼ばれるほど透明度が高いのです。

しかし、川がないからこそ、ダムが作れず、干ばつ時には、水の確保に苦労したそうです。

そこで宮古の人たちは地下にダムを作りました。雨水が石灰岩の地層を通ってできた地下水を蓄えたのです。

この地下水は、珊瑚礁の天然のろ過装置を通ったことで、ミネラルの多く含んだ水となり、農業水産大臣が認定している「疏水百選」として選出されるほど、評価されています。

アロエベラは、この贅沢な水を吸い、大きく育ちます。

島人からの深い愛情

アロエベラ農家

人間の手作業でアロエベラは栽培される

熱い想いをもった宮古の農家の方々がいつもアロエベラを大事に育ててくれます。

農薬も除草剤も化学肥料も使わず、灼熱の太陽の下、毎日黙々と手で雑草をむしり、有機肥料を与え2年から3年かけて、アロエベラをじっくり丹精込めて育て上げるのです。

太陽、台風、土壌、水、人、宮古にあるすべてのものがアロエベラを育むのです。

ぜひ、一度、宮古島産のアロエベラをお試しになってみませんか?

アロエベラ生葉活用法

アロエベラ生葉は、健康と美容の大きな支えとなってくれます。

食べてもよし、塗ってもよし、お風呂に入れてもよしと捨てるところのない健康野菜です。

下記の活用法を参考にして、たっぷりとアロエベラライフをエンジョイしてください。

宮古島産アロエベラ生葉

宮古島産アロエベラ生葉
  • 商品名:宮古島産アロエベラ生葉
  • 内容量:700g〜
  • 生産者:宮古島の農家の方々
  • 賞味期限:2週間〜3週間(冷蔵保存で1ヶ月ほど)
  • 価格:1本 864円(税込)
  • 24ポイント獲得
  • 3本からのご注文をお願いします。
送料

宮古島より直送いたしますので、お届けまでにお時間をいただく場合がございます。